ダイエット中のストレスケア

サラダを食べる女性

ダイエット中のストレスは、途中で嫌にさせてしまう原因になります。
ここでは、それを避けるためのダイエット中のストレスケアの方法を、3つ紹介します。

まず1つ目は、好きなものを食べて良い日を決める方法です。
ダイエット中は食事制限を設ける人も多いです。
確かに痩せるためには糖質、脂質といった栄養素の摂りすぎは避けたほうがベターです。
しかし、ダイエット期間中ずっとこのリズムで食事をしていると嫌になります。
甘いものが好きな人ならばむやみに甘いものが欲しくなりますし、脂っこいものが好きな人はこってりしたものが欲しくなるものです。
特別食べたい気持ちが湧かないのであれば食べなくても良いですが、どうしても我慢できなくなってしまう人は、食べても良い日を週に1回くらい設けると良いです。
もちろん毎日好きなように食べていてはダイエットになりませんから、決めた日は罪悪感なく食べて良いと決めてみましょう。
これだけでも、だいぶ食べたい欲求がおさまるはずです。

2つ目は呼吸法を身につける、です。
深呼吸は気持ちを鎮めるのにベストな方法です。
深呼吸の基本は、空気を吐き切ってから出す、というこれだけです。
難しい呼吸法を身につけなくても、イライラしたときに思い切り肺にたまった空気を吐いて、新鮮な空気を吸ってみましょう。

3つ目は、没頭できることを見つけるです。
ゲームでも読書でも運動でも、自分が心から楽しいと思えることを見つけておくと良いです。
イライラしたときに何も考えずに趣味に没頭することで、ストレスを緩和することができます。
好きなことで良いので、頑張って役に立つことをしなければと思わずに、好きなことをしてみるのがポイントです。
また、ストレスを感じずにダイエットを行う方法として、薬に頼ると言うのもあります。
食べたものの脂分30%をカットできるゼニカルや、利尿作用によってむくみを解消できるラシックスなど、自分の肥満の原因を見つけることで医薬品で簡単に対処できる場合もあります。
特にゼニカルはダイエット成功の実績多数という触れ込みで、多くの方がこれでダイエットに成功しています。 しかもジェネリックのオルリガルも販売されており、オルリガルの通販を利用すれば安価で入手できます。

関連記事