ダイエットに有効な心理効果

野菜ジュース

ダイエットを成功させるためには、単にきつい食事制限を続けていく忍耐力・精神力が重要だと言う訳では無く、その他にも様々なサポートを活用しながら「継続的に行っていく」という事が重要です。
例えば、ボクサーは一般的な感覚では到底耐え切れないような過酷な減量を行う選手もいます。
わずか数週間、短ければ10日程度で5~10kgも体重を落とさなければいけないという事もあるほどです。

逆に考えれば、ストイックに手段を遂行していけばそれだけの体重を落とせるという事にもなる為、根本的な部分で「短期間でも十分に痩せることができる」という事は間違いありません。
体のほとんどが筋肉で構成され、体脂肪率一桁のボクサーでもそれだけの減量が可能なわけですから、一般的な体脂肪率の人ならばその数倍の減量が出来てもおかしくはないはずです。
それ程過激な減量をボクサーがどのようにして乗り切っているのかと言うと、それはただただ「試合に出たい、勝ちたい」と言う思いです。
一意専心、一つの目標を達成することだけを目指し、「自分は出来るんだ」と言う思い込みや過去の経験を自信にしながら乗り越えていきます。

一般的なダイエットも非常に過酷なものです。
食べたいものも食べることができず、疲れている中無理やりに体を動かすことも必要になるでしょう。
しかし、その苦痛を乗り切った先に「自分が求める結果がある」と思い込むことで、モチベーションを維持し辛い環境を乗り越えることができる訳です。
つまり、「出来る」という言い聞かせ(思い込み)を上手に使う事が非常に有効だという事です。
また、継続性が高まるようなプランを考えたり、周囲に対して嘘でも良いから評価してもらえるようにお願いするなどの対策をしておくと、「褒められる」などの効果でドーパミンが分泌するようになります。
より確実性の高いダイエットが行えるようになるでしょう。

関連記事